三流新聞

対イタリア戦でゴールデン・ゴールを決めた韓国のアン・ジョン・ファン選手とペルージャのガウチ会長のちょっとした言葉の行き違い?
が誇張されて世界に報道されたようである。
行き違いというより三流新聞の記者たちが記事を面白く書き立てたためのトンだハプニングだったようである。
ペルージャはアン選手と来季も契約するようである。
私が韓国戦を見て思った事は、韓国選手のハートの強さだった。
彼らのサッカーはあの時スポーツを超えていたように思えた。
あの強さがどこから出てくるのか、それを囲む韓国の人たちの迫力にも驚いたのだった。
終了直前での同点ゴール、延長戦でのゴールデン・ゴール。
このゴールに凡人の解説などは無用でしかあるまい。
日本が敗退した今、隣人として韓国の応援にまわりたいと思う。

Copyright© 2000 口コミ・評判・独り言 平成の出来事雑感 All Rights Reserved.