世界の孤島

日本はいつから自分自身を見下して生きていくことにしたのだろうか。
総領事館のあきれた対応は国家がすでに崩壊していることを我々にはっきりと教えてくれたのである。
小市民から言わせてもらえれば国家など意識して生活しているわけではない。
でも今回のような映像を見せ付けられると、日本人であることを恥ずかしく思えてならない。
恥ずかしくて海の外に出ることすらできないと思う。
わざわざ喧嘩をすることはないが木っ端役人のやることをただ見物していることしかできないような国家にだけはなって欲しくない。
明治維新から百数十年、世界の舞台にはじめて上ってから何を学習してきたのだろうか。
日本のこの間の歩いてきた歴史をもう一度復習したほうがいい。
自分の過去を学習することで身の程も知り等身大の自分を取り戻せば今よりはましな国家像を構築できるのかも知れない。

Copyright© 2000 口コミ・評判・独り言 平成の出来事雑感 All Rights Reserved.