亡命者と日本

中国の日本大使館に亡命を求めて来た朝鮮人が、中国側の警官に大使館敷地内にもかかわらず連行される事件があった。
日本のマスコミは外交官特権を無視した越権行為だと騒ぎ、うまく対処できなかった政府に対し、腰抜け政府と書きたてた。
が、この件に関してだけは結果オーライだったと私は思う。 
かつて最新鋭の軍用機に乗ったソ連兵が日本に亡命を求めてきた時、当時の政府は、ソ連側の「軍用機だけは返還しろ」という要求を無視し、丸ごとアメリカに引渡してしまった。
あの後、北方海域で何隻が不当に拿捕されたか。
ペレストロイカの最中に北方4島がもどらなかったのもそのせいだと言える。 
忘れている諸氏も多いだろうが、北朝鮮に拿捕され、死刑判決を出された船員は未だ開放されていない。
あそこで中国側が手をださず、日本から韓国に引き渡されていたら、ただでさえ反日感情の高い国。
処刑済み通知のみで骨も帰らないというのは十分にありえる。
不審船の引き上げ作業もこれからだ。
今は、どの国に対しても声高に叫ぶべき時ではないのだ。

Copyright© 2000 口コミ・評判・独り言 平成の出来事雑感 All Rights Reserved.