代りに失ったものは

2005-09-11

原爆の子の像の前の折鶴が全焼したという。
広島の平和公園内での出来事である。
火の気がないことから放火の可能性ありという。ここまで来ると私にはもう理解できない。
許せないとかそういう次元をはるかに超えている。
戦後の復興から繁栄へそしてバブルに酔った時期、はじけたバブルの後遺症に右往左往している現代。
本当に日本はどうしたんだろう。

これは日本だけに限らないのかも知れない。
複雑化する社会構造のなかで何かが確かに狂ってる。
ネジがいくつか見えないところで欠落している。

こころが何処かに弾けて飛んでいってしまってる。
誰がこの国の舵取りをすればいいんだろう。
今の政治家には見当たらない。
世襲化された政治家に期待したところで酷というもの。
でも誰かがやらなければ。
21世紀を失われた心を取り返す世紀にしなければ。
戦後50余年で失ったものを100年で取り返す。
私にはそのあとに来る世界を見ることはできない。

Copyright© 2000 口コミ・評判・独り言 平成の出来事雑感 All Rights Reserved.