退き際

亡命者連行事件はいまだに日中折り合いが悪いようで解決にはもう少し時間がかかりそうである。
しかし初っ端からあんなビデオを流されたんじゃ勝負はついたと同じだね。
武装警官と館員とは仲良しだったなどという報道も流れていたようだけど、仲良しというのは違うね。
仲良しではなくて単にこちらがなめられていただけだね。
本当の仲良しはお互いの立場を理解、尊重するというのが前提にないとね。
国の威信とかは別にしても一人の人間として館員は自分自身を大事に仕事に励んで欲しいね。
ただそう言う自分があの場にいてどこまでできるのか、そんなことを考えると心細い気がするのも確かではあるが。
何の仕事でもそれを全うするということがどれほどのことであるのか、それはそれにかける心意気を持った人にしか到底理解できないことと思う。
それにしても早く亡命の5人を解き放してあげて欲しい。
あの5人には日中の駆け引きは何と映っているのだろうね。

Copyright© 2000 口コミ・評判・独り言 平成の出来事雑感 All Rights Reserved.