焼肉の話 ミスジ

焼肉好きなら知っているだろう。
ミスジのことを。
最近では、希少部位を出すお店も多いので一度くらいは聞いたこともある人も多いだろう。

ミスジは牛の肩甲骨の下あたりにあるお肉のことです。
ちょうど肩部分の真ん中に位置しています。

その肉質は赤身なのに霜降りが入り、非常にきれいな断面です。
その味わいは、あっさりとした食感を持ちながらも同時に脂の濃厚な旨みも味わえます。

そして、食べたときには口の中でとろけます。
まさに赤身の肉らしさと霜降り肉の濃厚さを兼ね備えた部位なのです。

肉の旨みを堪能でき、かつ噛み締めてとても美味しい部位といえるでしょう。

タタキで食べることもありますが、もちろん焼肉で食べても美味しいお肉です。

ただ、ミスジは1頭につき2kgしかとれない貴重な部位、焼肉においてはミスジは希少部位として扱われています。

それだけに、焼肉屋でミスジを出しているお店は少なく、お店で出会えたらラッキーといえるでしょう。

焼肉での美味しい食べ方は、
たれなどは使わず素材をいかすような味付けにするのがよいです。
軽くあぶり、わさび醤油でシンプルに食べるのがオススメです。

Copyright© 2000 口コミ・評判・独り言 平成の出来事雑感 All Rights Reserved.